こじかの記録

BAI式ブログサービス
最近のエントリー

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

<< 前九年の役 源義家と安倍貞任の和歌応酬 | main | ダビデ・カエサル・カール大帝・アレクサンドロス トランプ絵札のモデル >>

赤ランカスター対白ヨーク 薔薇戦争

シェイクスピア「ヘンリ6世」「リチャード3世」舞台、赤バラを記章とするランカスター家と白バラを記章とするヨーク家の争いは30年にも及びました。
最後はランカスター家のリッチモンド伯ヘンリー=テューダーがヨーク家のグロスター公リチャードをボズワースで破り、ヨーク家から妻を迎えテューダー王朝の祖となりました。テューダー王朝からはエリザベス1世が出て、イギリスは強勢の時代を迎えることになります。

ボズワースの戦いの際、バラの色と同じく、ヘンリー=テューダー方の軍勢は赤い竜の旗を掲げ、リチャード方の軍勢は白い猪のバッジを付けていたそうです。また、ランカスターの夫とヨークの妻から開かれたテューダー朝の紋章は赤と白のバラの合成体『テューダーローズ』です。デザインには理由やこだわりが顕れるのですね。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://saruru.blog.bai.ne.jp/trackback/228945
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2024 >>

Link

Profile

QRコード