こじかの記録

BAI式ブログサービス
最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー


『韓非子』から汎用性こそが役に立つ!

「伯楽その憎む者に千里の馬を相するを教え、その愛する者に駑馬を相するを教う」平凡社版『韓非子』訳本で初めて出会った、最お気に入りの言葉です。
中国春秋戦国時代末期の思想家(法家)韓非が記したとされる書籍韓非子は、非情・人間不信の書と言われながらも、強力なリーダーを育む教科書として重用されてきました。春秋戦国時代のチャンピオン「キングダム」秦の始皇帝も韓非子を高く評価していました。法家バリバリで、自己申告より低い結果しか出せなかった臣下のみならず自己申告より高い結果を出した臣下をも「言を偽った」と処罰せよと述べたり、気を効かせて自分の業務外の仕事をする者を処罰せよと述べたりするのが特徴的です。

首記の名言の後にはこう続きます「千里の馬は時に一あるのみにてその利緩く、駑馬は日に売られその利急なり。」
至言です!
高邁な理想論より平たい言葉の方が相手の心に届きます。お高い専門技能が技術革新に取って代わられ陳腐化するのを見ると、ゼネラリストで良いんじゃない?と思えてきます。汎用性こそ力だと思います。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




カサンドラ・シンドロームアポロンの呪い

「ダンジョンに出会いをを求めるのは間違っているだろうか」でも、正確な予言が誰にも信じてもらえない有り様が再現されていました。
カサンドラ・シンドロームは、真摯な訴えが世間の理解を得られず心身に異常をきたすこと。アスペルガー症候群の伴侶をもつパートナーに多いそうです。「あんな良い伴侶なのに何が不満なの?」って、世間の理解を得られずに。

トロイア王女カサンドラは、アポロンの寵愛を受け予言力を授かるも、その力によりいずれアポロンの愛が冷めることを悟りアポロンを拒絶、怒ったアポロンから「何を言っても誰からも信じてもらえない」呪いをかけられます。トロイア戦争の際には正確な予言をしながらそれを信じてもらえず、それが為にいわゆるトロイの木馬がトロイアイリアス城に侵入しトロイアは滅びました。

国をも滅ぼした「不信」。心身の健康を損ねるほどの症候群を示唆しているようです。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




平治の乱平氏による武家政権の確立

京都御所内、左近の桜・右近の橘を脇に、平清盛長男重盛と源義朝長男悪源太義平が一騎討ち、の逸話が残る平治の乱。
教科書的には、これで皇族による院政・親政両派が力を失い、平氏により武家政権が力を得た、ですね。

後白河上皇院政方:藤原信西・平清盛
二条天皇親政方:藤原信頼・源義朝

「平治物語」によれば、平氏方3000源氏方800の軍勢が都を舞台に戦ったそうです。
後白河上皇方が勝利し信頼も義朝も命を失いましたが、そこに至るまでの政治的経緯と、信西も死に藤原両氏の共倒れ、やらなんやらで後白河上皇自身も権力を清盛に奪われる事態となりました。

先の保元の乱もそうですが、政治的背景が複雑でわかりにくく、NHK大河ドラマ「平清盛」がわかりやすいようにと苦労しただろうことが想像できます。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




保元の乱 摂関藤原氏は抗争の果てに没落

鎮西八郎源為朝が剛弓引き絞り、次々と敵騎馬武者を射落とし、、の逸話で有名な保元の乱。
教科書的には、この内紛の果てに摂関藤原氏は没落、皇室による親政が権力を取り戻した、のですね。

後白河天皇方:藤原忠通、源義朝、平清盛 etc
崇徳上皇方 :藤原信頼、源為義・為朝親子、平忠正 etc

「保元物語」によれば、後白河方600の軍勢が崇徳方が籠る東三条殿へ夜襲を掛け、一進一退の末に後白河方が勝利を得ました。
崇徳上皇は讃岐へ、源為朝は八丈島へ流され、藤原信頼は戦時に受けた傷により敗死、そして、、
これが衝撃だったそうです!泰平の平安京で数百年行われなかった死刑が実施雷しかも処刑されたのは勝者側源義朝の実父為義冷や汗厳しい

こういった内乱って、後の応仁の乱しかり、戦後の推移をみると誰が勝者なのかなかなかわかりにくいんですね。勝者のはずの藤原忠通は何故か勢威を落としましたし、、NHK大河ドラマ「平清盛」も分かりやすくするにはどうすればよいか、相当苦心したことと思います。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




便器が白いのは尿の色を観察するため

泡立つ尿は蛋白尿か糖尿の恐れ、水分不足で赤に近く。
多くの便器が白いのは、もともと尿の色を視て健康確認するためということです。
健康な尿は、黄色く弱酸性です。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




海のミルク=牡蠣旬のみ稼働小型漁港の美味いっ


小型漁港で、旬の時だけ稼働している店舗・工場の水産品って大体美味しいと感じます。

11月下旬から真牡蠣のシーズン。
播磨岩見漁港井上水産のむき牡蠣を取得しました。大量500gをバター炒めと鍋でおいしく頂きましたプレゼント
今度は殻付きも楽しもう。レンジチン、でポン酢をかけて温泉
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




非アルコール性脂肪肝NAFLD(--;) 「可逆症状」に望みを

日本人ならではの倹約遺伝子のなせるワザか(--;)酒も飲まず太ってもいないのに脂肪肝(--;)ノン・アルコール・Fatty・Liverです。ALTの値が目に見えて増えてきました。

白米好きでサラダ油を多用する癖があった自分のこと、炭水化物と脂質の過剰摂取により、中性脂肪が肝臓に3割以上溜まるフォアグラになったかと思われます。
健康診断書には「要治療」とあり、かなりビビってますが、何とか自力で治せないものかと低炭水化物・高蛋白質高ビタミンを心がけています。「可逆性」とのこと、どうか慢性炎症から肝硬変になったりすることがありませんように。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




山崎太郎・勢多次郎・宇治三郎日本三古橋

アニメ「HELLO WORLD」舞台になった朝霧橋・喜撰橋は日本三古橋の三男「宇治橋」至近の弟分。
かつて京都大山崎近辺にあった(今はない)山崎橋が長男、琵琶湖の出口に架かる瀬田の唐橋が次男、そして宇治川に架かる宇治橋が三男とされています。

千年の都京都へ東ないし南から入る際に通らざるを得ない交通の要衝は、そのまま歴史の舞台になっています。
宇治橋などは、、
平氏に対する源氏挙兵の先駈け(以仁王と源頼政の挙兵)の舞台となり、源義経による源義仲追討時は宇治川先陣争い(佐々木高綱vs梶原景季)があり、承久の乱(後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対し挙兵)でも、山城国一揆(祇園祭発祥の逸話)でも、槇島城攻防戦(足利義昭vs信長)、、幾度も戦場になりました。
アニメに出ていた朝霧橋の側には宇治川先陣争いの石碑があります。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




坂東太郎( 利根川)筑紫次郎(筑後川)四国三郎(吉野川)

日本三大暴れ川、は、利根川(坂東太郎)筑後川(筑紫次郎)吉野川(四国三郎)。
徳島市には四国三郎大橋って長い橋がある。

日本三大河川は、信濃川・利根川・石狩川、だけれど、こちらは太郎次郎三郎とは呼ばれない。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




毎月?22日はイチゴ乗せケーキの日


11月15日「いいイチゴの日」で次22日それが乗る「いちごショートケーキの日」って宣伝でデザート買ったケーキ
15日の1週間後は必ず22日だから、カレンダーでは必ず22日は苺乗せになってる。
毎月いちご乗せケーキの記念日がケーキ
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Link

Profile

QRコード