こじかの記録

BAI式ブログサービス
最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

<< 休肝 塩無添加素焼アーモンドと生くるみ | main | チートス、ドリトス、ドラゴンポテトはアメリカ由来? >>

京くらま林の佃煮は山椒も挿し絵も美味美味


金閣寺や東寺五重塔など京都名所の水彩風さし絵も麗しく贈答に良さげな京くらま林の佃煮。
中身もサンショウの贅沢感一杯で何日もご飯のお供にできます。

法事の際にもらった「京くらま林」の佃煮。京都といえば!の「ちりめん山椒」はもちろん、「湯葉しめじ」や「木の芽煮」、湯をかけて鯛茶漬を楽しめる「鯛そぼろ」、にもしっかり実山椒・葉山椒が使われているようで、山椒がイケる自分にとってはかなり贅沢感を満たされるもの。しばらく楽しませてもらいます。
これだけ山椒が美味しいと、「ヨーロッパ人が南アジアの胡椒より先に日本の山椒(サンショウの原産地は日本)に出会っていたら、大航海時代、ひいては世界史が変わっていたかも」なんて考えてしまいます。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://saruru.blog.bai.ne.jp/trackback/229657
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Link

Profile

QRコード