こじかの日記

BAI式ブログサービス
最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

<< 運転免許証番号の解読方法 | main | 涙の交換とコンタクトレンズの影響 >>

開元通宝千数百歳 古銭の年齢

開元・永楽・寛永 通宝銅貨

開元通宝(寳)は、唐の武徳四年(西暦621年)から鋳造が始まりました。日本では大化の改新がこのころですので初期鋳造品は藤原鎌足や蘇我入鹿らと同世代ということになります。お金

永楽通宝明の永楽六年(西暦1408年)鋳造開始、日本では室町幕府が政治を執っていました。

本邦の銭形平次が投げていた?寛永通宝西暦1626年、三代将軍家光の頃から明治までの約200年強鋳造されました。

いずれも数百円から購入できます。
数百年、千数百年の歴史を買うと考えれば納得の価格です。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://saruru.blog.bai.ne.jp/trackback/150556
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Link

Profile

QRコード