こじかの記録

BAI式ブログサービス
最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

<< 「阪神淡路震災記念人と防災未来センター」目は写し脳が見る | main | 山陽自動車道三木SA上り 数量限定わらび餅シュー >>

『この川の向こうに君がいる』眼は映すのみ観るのは脳

高校生読書感想文課題図書の一つ、濱野京子『この川の向こうに君がいる』は、震災被災者の心情を、吹奏楽部を主舞台にしながら描いています。
「川」は、被災当事者とそうではない者、また被災当事者同士でも被災内容や程度が異なる者、を隔てる越えがたい認識の差を顕しているようです。
被災当事者ではない者は、いくら「やさしくあろう」などとは考えても、被災当事者と同じ視点にまでは立てないこと、また、「被災者」とひとくくりにはできず、被災当事者の間でも被災状況・程度の差によりそれぞれの視点はひどく異なっている有り様が記されていました。

同じものを目にしても、見る側の経験・思想によりそれがどう見えるのかは異なるようです。
書いた人 こじか | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://saruru.blog.bai.ne.jp/trackback/229297
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Link

Profile

QRコード